SSブログ

現在の閲覧者数:
前の5件 | -

【E15版】シルヴァリオ ラグナロク [萌え]



※本製品は15歳以上推奨です。

無謬の千年王国にて、衆生を統べる神在れかし。
現人神は不老、不朽、そして不死。
永劫翳らぬ神威と共に、天地へ森羅の理を敷く。
よって、衆生に救済無し……神は人など救わぬゆえに。
遍く命は皆等しく、神天地創生へ捧げる供物なのだから。
ならばこそ、終焉吼竜<ニーズホッグ>は許さない。
運命が、終焉が、希望<ヒカリ>を以て焼き尽くす。
運命に約束された‘‘神祖滅殺’’が幕開けるのだ。


新西暦1036年──カンタベリー聖教皇国。
そこは人智を超えた超越者、四柱の神祖が司る巨大な実験場に他ならない。
平和な宗教国家などという謳い文句は、総じてまやかし。嘘偽りの虚飾だった。
神祖の真実は、旧歴崩壊を生き延びた大和の民。よって彼らは日本を崇める教義を唱えた。
民草を己が理想の薪木とくべる、盲目の羊とするために。

そう、この国では生かすも殺すも神々の胸先三寸。
人間には生殺与奪の権利など、その実どこにも存在しない。
丸々と肥やした後で家畜を屠殺するかのように、喜びと幸福を一つ残らず解体しながら欠片も残さず収穫していく。そして闇に葬るのだ。
結果、何度も、何度も何度も、何度も何度も何度も何度も果てしなく……
繰り返される慈悲無き残酷な神の所業。蹂躙された世界法則に従い、結晶へと変化する何も知らぬ無辜の民草。
燦爛と煌きながら血を喰らい、肉を喰らい、赤子も老人も区別なく、数多の悲鳴を貪りつくして星の樹海が降誕する。

禍々しくも荘厳で、おぞましくも幻想的な光景に報いも咎めも訪れない。
なぜなら、これを望んだ神々は千年王国を築いてきたから。
散らした命の何億倍も、多くの平和を民草へもたらし続けてきたから。
支配体制が確立して早、千年。大多数への幸福という道理を固めた大盾は、すべての嘆きを封殺し続け……

その果てに凝縮していく呪い、怒り――すなわち禍津。
消しても消しきれない屍山血河の業を担い、神へ報いを与えるべく嚇怒の化身が天に吼える。

ふざけるな。認められるか。そんな勝利<こたえ>は糞喰らえだ、と。

壊滅する故郷を前に覚醒する二つの影。厄災の星を轟かせながら、神祖の滅びを希いラグナ・ニーズホッグは邪竜と化した。
絶望<ヤミ>を穿て、噛み砕けと。猛る宣誓に応えるかの如く、ミサキ・クジョウも愛する男を血濡れの月で照らすのだ。

よって、神託は下される。銀に煌く大いなる狼の冬と共に。

「おまえは‘‘運命’’であらねばならない」

「おまえは‘‘終焉’’であらねばならない」

「おまえは‘‘希望’’であらねばならない」

ゆえにいざ、終焉吼竜<ニーズホッグ>は斯くやあらん。 地獄を超えたその先で、笑顔の花を咲かせるために。
失墜せよ、神々の千年王国。葬想月華<ツクヨミ>は今、此処に運命の車輪を回す。

「汝、希望<ヒカリ>の殉教者よ――
我が心臓に牙を立て‘‘神殺し<ラグナロク>’’を完遂せよ」

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:ゲーム

醜く歪む少女の子宮 Windows10完全対応リマスター版 [萌え]



モンスターたちが覇権を争い、修羅の地と化したラーフィス大陸。
強さこそが正義という土地では、種族を越えた戦争が日夜繰り広げられていた。

その中でも、グレーターオーガのガリスが率いる亜人種の軍勢はラーフィスでも一目を置かれる存在となっている。
しかし彼の力のみではラーフィスに覇を唱えるには足りず、数多くある強豪のひとつの域から脱するには未だ至っていない。

一方、ラーフィスに新たなる覇を唱える者が現れる。
その名はカミラ・リンデゴア――ドラゴンの力を秘めた亜人種の女性だ。

元々ラーフィス大陸には女性が少なく、快楽のために奪い合いに発展することも多い中、彼女は珍しく女性の身でありながら、あのガリスにも匹敵すると言われるほどの力を持っていた。

その噂を聞きつけたガリスはひとつ、こう呟いた……
「あの女……。カミラと交配すれば、強力な亜人種が産まれるはずだ」

カミラの肉体欲しさで彼女の軍に戦争を仕掛けたガリス軍。
勝負は拮抗したものの、戦争のキャリアの差は埋められず、とうとうカミラは彼女の宰相でもあった妖精のシウと共にガリス軍に捕らわれる。

敗れドラゴンの力を失ったカミラは、妖精でありながら高い知力を持つシウと共に、ガリスの強い亜人種を作る研究へと身を落とされてしまう事に……。
こうしてガリス軍による亜人種強化が推し進められるようになる。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:ゲーム

EXTRAVAGANZA 〜蟲狂編〜 Windows10完全対応リマスター版 [萌え]



あの戦いから五年――――。

かつて、Jinmu Corporation 社長の一人娘である神武 美弥香が誘拐され、彼女を救出するための戦いがあった。
深い森に潜むのは、蟲使いと呼ばれる一族の若者達。
対して送り込まれたのは、人間に蟲の能力を移植させた合成生物。
激しい戦いの中、やがて事態は獣魔蟲を巡る戦いへと移り変わっていく。

蟲使いを滅ぼすと伝えられる獣魔蟲。
その獣魔蟲の母親として、十年の歳月と共にした櫻井 夢美。
そして、獣魔蟲の確保を命じられたのは、蟲使い次期長のレン。

壮絶な死闘の末、戦いは夢美の勝利に終わる。

五年後、Jinmu Corporationの社長に就任した美弥香の生活は多忙を極めていた。
経営難に陥った会社の再建のため、仕事漬けの日々。
私生活の全てを犠牲にする生活は当然楽ではなかったが、綾佳やユーリアの存在が彼女を支えていた。

そして、支えとなる人物がもう一人――――。

「こんにちは。今日はまだ顔を合わせていませんでしたね、レン君」

美弥香達の新しい物語が、少しずつ回り始めていた……。


本編 『 EXTRAVAGANZA 〜蟲愛でる少女〜 Windows8.1動作版 DL版 』 はコチラ!

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:ゲーム

添いカノ 〜ぎゅっと抱きしめて〜 [萌え]



小鳥谷航平には些細な悩みがある。
近頃、「落ちる夢」を見ること。

毎日続くうちに、慢性的な寝不足に陥った航平は、
昼休みを「昼寝の時間」と定め、
寝心地のよい場所を求めて学園中を散策する毎日を送っていた。

ある日、はじめて訪れた屋上温室で昼寝をした航平が目を覚ますと、
見知らぬ女の子・熊倉夜明(くまくら・よあけ)が隣に寄り添って眠っていた。

「うわあ!? なんで!?」
「ん……ここ、わたしの、指定席」

彼女は<不登校>の問題児だった。
学園には通学しているのに、教室に顔を出すことはない。
なぜ彼女は教室に現れないのか。
主人公は、毎日の「お昼寝」をともにすることで、
彼女の秘密を知っていくことになる。

寝心地のいい場所を探すうちにヒロインたちの秘密を知っていく主人公と、
秘密を知られたことで自らを解放していく女の子たちのハートフルストーリー。

特集: 戯画ブランド特集

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:ゲーム

底辺用務員復讐洗脳 〜ナマイキ令嬢催●〜 [萌え]



「はい…わたしたちは…メス豚奴●です…」


■ストーリー

歴史と伝統のある名門―――私立蒼美坂学園。
高額な学費を出す者のみが入学でき、通っている生徒たちは裕福な家庭で育っている。

主人公、根本正男は勤めていた会社をリストラに遭い、
五年ほど前から縁故採用で学園の用務員としてお情けで働かせてもらっている。

中年の四十代で、デブでハゲという容姿。
さらには、高卒で用務員という職に就いていることから、エリートの生徒たちからは蔑みと嘲笑の目で見られていた。

特に彼に対してキツク当たる女生徒が二人。
一人は、学園で一番の成績を誇り、風紀委員長として学園の風紀を守っている潔癖で倫理観の非常に強い女生徒、佐倉明日香 (さくらあすか)

もう一人は、素行が悪いが家が金持ちで多額の寄付金を納めているので処罰されない不良女生徒、藤堂玲奈(とうどうれいな)

彼女たちは主人公を見下し、事あるごとに彼をこき下ろし惨めな気持ちを味合わせようとしてくる。

とある日、いつものように性格のキツイ風紀委員長の明日香からは女生徒に対していやらしい視線を向けることをセクハラだと罵られ、
たまたま明日香のスカートの中を覗いてしまった事で土下座させられる。
玲奈にはいきなり後ろから蹴りを入れられて転がったところを仲間と共に嘲笑され、罵倒され、
飲みかけのジュースを頭から掛けられる様を動画に撮られSNSにアップされてしまう始末。

復讐したい……あいつらに死ぬ程の恥辱を与えてやりたい……という思いが今までになく高まってしまう主人公。

スマホのアダルトサイトを見ながら復讐妄想を行いオナニーしようとする主人公。
そのアダルトサイトで『女の子をとことん自分の思うままに操りたい方は!』という広告を見つけ、
いつもなら気にしないところだが、その日の主人公は復讐心が高まっていたこともあり、その広告バナーをクリックしてしまう。

クリックした瞬間……自動的にスマホに「催●アプリ」がインストールされる。

そしてその日から……その催●アプリを使った用務員の復讐が始まる……!


■プレイ内容

・中年男は女子校生にキスされるのが屈辱と思い込まされ、嫌がらせとして濃厚なディープキスしてしまう。
・母乳が出るように暗示をかけられる
・主人公の唾液や精液を何よりもおいしいものと誤認させられる
・風紀委員は用務員の性処理便所、と謝った常識を植え付けられる
・スケベで淫乱であればあるほど立派な風紀委員と思い込まされる
・生意気なギャルに土下座させ、その頭を踏みにじる。
・ドスケベメイドコスでアナル固めセックスし連続絶頂させまくる。
・風紀委員は男子トイレで用を足さなければいけないという催●を掛けられ、男子生徒の前で小便器にガニ股放尿。
・真面目でエリートの明日香の両親の前で、肉便器風紀委員としての役割を見せつける。
・教師たちの見世物になりながらガニ股腰振りダンス。
・アナルに紅白旗を挿入し、尻を振って旗揚げゲーム。

等々


■どんなゲーム?■

底辺人生を歩み中年用務員が、催●アプリを意のままに操り大人を舐めきったメス○キたちに復讐するゲームです!

初めてのキスも、初めてのセックスも、大嫌いな主人公に捧げるように催●で常識を改変していきます。

軽蔑していた主人公に犯●れて、普通のセックスだけではないド下品な変態プレイを「そうするのが当然」と思い込まされ、実行させられていきます。
彼女たちに虐げられていた主人公は、今までの鬱憤を晴らすべく彼女たちにこれでもかと溜まりに溜まった性欲をぶつけていきます。

やがて催●は彼女たちの日常をも浸食し、主人公への嫌悪感は好意へと変換されて、自ら犯してくださいと懇願する様になっていきます。

大人の男である自分をバカにし、見下し、嘲笑し、時には暴力さえ振るってくる……
そんな少女二人を催●アプリを使って自由に犯しまくり、復讐し、主人公のためなら何でもするマゾ豚奴●へと堕としていくゲームです。


■用務員はどんな催●をかけるのか?■

自分を見下していたメス○キたちの常識を改変し、、都合のいいように催●をかけ身も心も自分に屈服し、隷属するように調教していきます。

学園の風紀を守るために自分が性処理便器として扱われるのは当然と思わせたり、
風紀委員は男子トイレを使うのが常識と思い込ませ、男子トイレで立ちションさせたり
家庭訪問では親の前でセックスするのが当然と思い込ませ親の前で犯したり、
罪悪感を増幅させてスケベなメイド服を着せて土下座謝罪させたり、
頭にパンツをかぶせスケベな水着を着せて腋見せガニ股ダンスをさせたり。

プライドが高く、生意気な女子校生二人を、性欲旺盛な中年男である主人公が思いつくままに犯しまくり、
快楽中毒に調教し「大人の男の偉大さ」を身体にたたき込んでいきます。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:ゲーム
前の5件 | -